体が硬いとは??(ゴルフ愛好家の方は是非お読みください)

体が硬いとは??(ゴルフ愛好家の方は是非お読みください)

体が硬いねー。 一度は言われたことがある方が多いのではないでしょうか? では体のどこに問題があるのか。 これを明確に理解されている方は少ないです。 今回はいわゆる“体が硬い”と感じている方が、体のどの部分に問題があるのか明確にして、それをどう改善するかについて書きたいと思います。 体が硬いとは? ほとんどの場合、立った状態で前屈をして手が届かなかった時に言われますね。 可動域が狭いことは、見れば分かります。 ただしどこが硬いのか、これだけでははっきりしません。 立位体前屈をして可動域が少ない場合に影響を出す要素として...
腰痛予防で鍛えるべきオススメの筋肉とは?

腰痛予防で鍛えるべきオススメの筋肉とは?

今回は多くの方が抱えている腰痛で、おそらく全ての方が腰痛予防の為に鍛えても損はない筋肉の代表格の腹横筋についてです。 腰痛で体幹を鍛えろと言われたが 腰痛で、体幹の筋肉を鍛えろと言われたが、どうすればいいかわからない 腹筋をやってみたが、腰痛が悪化した など、体幹を鍛えるのは知っていても、困っている方が多いのではないでしょうか? 実際、整形外科を受診してヘルニアや分離症の診断が降りた後、ドクターから体幹を鍛えなさい!と言われた方は多いと思います。 ただし、メニューとして、どんな腹筋を、何回、何セットまでは指示してもらえません。...
前鋸筋と腹斜筋を同時に鍛えるエクササイズ/前鋸筋/腹斜筋/エクササイズ

前鋸筋と腹斜筋を同時に鍛えるエクササイズ/前鋸筋/腹斜筋/エクササイズ

前前々回は前鋸筋に関しての記事を書きました。 前回は同時に鍛えるべき筋肉として腹斜筋を取り上げました。 今回は前鋸筋と腹斜筋を同時に鍛える、コスパの良いエクササイズをご紹介します。 前鋸筋と腹斜筋 前鋸筋は、胸郭外側面の肋骨部分から始まって、肩甲骨の肋骨側内側縁に終わる筋肉です。 説明がわかりにくいですよね。 図で見ると分かりやすいので、こちらをご覧ください。                       プロメテウスより 前鋸筋の主な役割は、肩甲骨を前外方に動かす事です。...
肩を痛めているゴルファーの為のセルフリハビリテーション/リハビリ/前鋸筋

肩を痛めているゴルファーの為のセルフリハビリテーション/リハビリ/前鋸筋

今回は肩を痛めているゴルファー向けのリハビリの方法をご提案します。 痛みの原因はどこだろうか? 肩を痛めているゴルファーの方は多いのではないでしょうか? スイングの際は、股関節、胸郭、肩関節など、体全身を使ってスイングを行います。 この際、関節の可動域が狭かったり、筋力がない場合などは、どこかに負担が必ずきます。 よく手打ちになっている!というワードを聞くと思います。 体のどこかに機能的な動きができない部分があった場合、ごまかしが効きやすいのがいわゆる腕の操作です。 その為、肩や肘の怪我に繋がることが多いように思います。...
練習は毎日したほうがいい?/練習頻度/疲労/トレーニング効果

練習は毎日したほうがいい?/練習頻度/疲労/トレーニング効果

スポーツ愛好家の方々は、ご自分の好きなスポーツを楽しまれ、毎日行いたいと思っている方も多いと思います。ただ果たして毎日運動することがいいことかどうなのか、体づくりの観点からお話ししよう思います。 体づくりに必要なのは? 皆さん、体づくりに必要なものは何か、ご存知でしょうか? 3点あり、①運動、②栄養、③休養の3点です。 これらが相まってバランスが取れていることで体は発達し、どれが一つ欠けても体づくりはしっかり進みません。 運動 運動は体に負荷をかけることにより、骨や筋肉に刺激を与えます。...
競泳のスタートではお尻の筋肉をしっかり使おう④

競泳のスタートではお尻の筋肉をしっかり使おう④

今回も競泳のスタートを速くするためのパフォーマンスアップトレーニングをご紹介します。 今回は立位 前回はニースクワットをご紹介しました。 ニースクワットは、言葉の通り、膝立の状態でのトレーニングです。 このニースクワットは、ヒップリフトよりスタート動作に近く、更に単純な動作で、大臀筋を鍛えるにはコスパの良いトレーニングです。 ただスタート動作は立位ですから、今度は立ったまま大臀筋を鍛えられる、単純な動作のトレーニングがあれば最高です! そこで今回は更にスタート動作に近い、立位でのトレーニングのご紹介です。 単純なほどいい...